SADIO MANE(セネガル)~イメージを具体化する魔術師

ワールドカップが盛り上がっていますね。次の日本の相手国はセネガルです。セネガルのエースストライカー、サディオ・マネ選手の星をみていきます。

貧しい家に育ち、自国のサッカーアカデミーにトライアルを受けた時には、サッカー用のウェア、靴も持っておらず周囲からバカにされる始末であった。しかし2歳の頃からサッカーボールに触れ、ストリートで身につけたサッカーセンスだけが当時の武器だった。そんなマイナスからのスタートでスタートしたマネ選手は、現在はリヴァプールFCに所属しワールドカップ代表としても活躍するストライカーである。
次の日本の相手国はセネガルです。

ホロスコープを見ると、太陽は牡羊座、月は蟹座なのですね。挑戦的でわが道をいく軍人のように見えますが、本質は非常にセンシティブで思いやりの深い情緒的な方のようです。太陽-月-海王星天王星の間でTスクエア。魚座の火星は木星と180度。
直感力があり、相手の心のうちを読み解く術に優れているでしょう。あとスピード感覚に優れていそうです。試合でもこの才能は活かされ、試合中は人智を超えた何かが降りてきているかのように・・・不思議な力に後押しされて、相手の行動を先読みして試合も臨んでいるのではないでしょうか。
非常にパワフルで疲れを知らない強靭さを持っているかと思えば、ちょっとしたことでも落ち込むといった、時々刻々と感情が変わり、調子の良いとき悪いときの波が激しそうです。

マネ選手は、自分のメンタルの繊細さを充分理解していると思われ、インタビューでも「「サッカー選手にとって大事ことは、考えすぎないことだよ。特に、リヴァプールのようなビッグクラブに移籍してきたときは、余計なことを考えると、心が乱れてしまうんだ」とのこと。
繊細な心を持ったマネ選手、日ごろから自身が傷つかないように、相手の心を読み取り、先回りしていくことで不利な状況にならないように攻めに出ているのではないか?と思います。
また自己メンタル面を鍛えるために、理想的な結果をイメージしながらゴールを達成されているでしょう。星配置からもイメージ力は抜群であると見えます。ゴールへのイメージを具体的にし、自信をつけ具体的な結果を手にいれているのでしょう。

☆最新鑑定受付情報はこちら
☆公開鑑定(鑑定サンプル)、お客様の声はこちら
☆めるまが登録・解除はこちら
☆お問い合わせはこちら

4 件のコメント

  1. みずのえねこsays: 返信

    貧しい家庭の出身から、サッカーを通じて、世界を舞台に活躍する、国家の英雄になる。
    そういうドラマが、現代の日本社会では、とても、ありえなさそうで、子どもも、大人も、周囲がどうであろうと、ひたすら自分の夢に向かって毎日を生きる、そんな生き甲斐を見つけにくくて、生き辛さや閉塞感が重たくのしかかってきているんじゃないかなぁと、ワールドカップを見て、感じています。
    マネ選手の出生図は、12ハウスに目が引き寄せられましたが、魚座の終わりの方にある水星と、牡羊座の初めの方にある金星は、何か、線香花火とロケット花火に同時に火をつけて遊んで喜んでいる子どものような、そんなふうに見えました(笑)

    • 葉月 綾乃says: 返信

      セネガルは国力も低いので、貧しさから脱出するためのアフリカン・ドリームだと思います。金星水星の「花火」のたとえ面白いです^^マネ選手は相手選手の数秒先を見通す力があり、さながら人間タイムマシーン能力??
      世界各国から集まる選手は多くのドラマがありますね。

  2. みずのえねこsays: 返信

    サッカーというスポーツのもつドラマ、それぞれの選手とチームのドラマ、予め誰かが作った物語ではなく、目の前で作られていく物語は、ほんとに迫力がありますね。
    「人間タイムマシーン能力」をもつマネ選手のいるセネガルを抑えて決勝トーナメントに勝ち進んだニッポン、8強入りはできなかったものの、ベルギー戦も見ごたえがありました☆彡

    今朝がた、ライブ中継で観戦していて、後半のはじめにニッポンが続けて2点とったときは、これはほんとに勝てるかも!と嬉しくなりましたが、アディショナルタイムで逆転されたとき、これが、サッカーに限らない、もっと大きくて広い意味での戦略や組織とかの、基本的な構成力の差なのかもしれないと、なんとなく、感じました。
    日本国内でここ最近、連続して起こっている各種の殺傷事件と、ベルギーで数年前から連続して起こっている爆破テロや殺傷事件と、犯罪としての規模、それが解決されるための対策、そうした事情を思い出すとき、社会のもつ「経験」の量と質という点で、両国の差は小さくないなぁと・・・

    ・・・ それで、魚座の海王星と蠍座の木星は、いろんなものを拡大して暴露しているようで、底なし沼みたいな、怪談を思い出してしまうのですが、夏という今の季節のせいかもしれません(笑)

    • 葉月 綾乃says: 返信

      水宮のグランドトラインは水量を増しているので、タイをはじめ水害、感情のもつれからくる事件が
      多くなっていますね。北海道や兵庫県、長野県をはじめ大雨が心配です。
      ワールドカップは日本はポルトガル戦でのベスト16への進み方に物議を出しましたが、ベルギー戦で
      惜負であったことにより世界からの見方が変わったと思います。
      4年後にまぐれと言われないよう、また次のワールドカップにむけて始動ですね。

コメントを残す

19 − fifteen =

トラックバック URL

https://hazuki-ayano.sakura.ne.jp/blog/wp-trackback.php?p=2414

PAGE TOP