ホロスコープに150度がある人は大人な対応ができる

山中伸弥さんのホロスコープ

ホロスコープの中にある月は、その人のココロの一番子供らしい部分ってどこでしょうか。
感情の処理の仕方は人によって様々です。さて今日は本音の大人になれば本音の付き合いより建前、社会性が優先されますが、いくら大人とはいえ本音は本音と して残るものです。感情部分は月が表しますが、この月のアスペクトで150度がある場合は受け入れたくないけど、これも仕方ないとか自己調整して感情を処 理する人になります。ある意味で大人な対応で自分の感情を処理していくのです。

月と150度の天体が

水星→自分の理論
金星→愛されること
太陽→生き方
火星→行動の仕方
木星→ゆるすこと
土星→苦手なこと
天王星→距離をおくこと
海王星→不安定なこと
冥王星→絶対的なこと

たとえば月に天王星が150度であるとします。月が甘えん坊ちゃんなのに、他人に距離を置くことがヘンに上手になるかもしれません。

☆最新鑑定受付情報はこちら
☆公開鑑定(鑑定サンプル)、お客様の声はこちら
☆めるまが登録・解除はこちら
☆お問い合わせはこちら

コメントを残す

nineteen + eight =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

https://hazuki-ayano.sakura.ne.jp/blog/wp-trackback.php?p=484

PAGE TOP